Blog

kijihiki(キジヒキ)のサラダボウル

今日はラ・ルースの職人さんとマシンの紹介ページを作るにあたり、kijihiki(キジヒキ)の作り手、
職人の日下部宜志さんの作業を見せて頂きました。
詳しくは現在作成中の特集ページで紹介したいと思いますが、本日はその様子を少しお見せしたいと思います。

 

kijihiki(キジヒキ)のサラダボウル
轆轤(ろくろ)を使い、アウトラインを作っていくこの作業こそがブランド名の由来にもなっている「木地挽き」といいます。
みるみる形を変えていく木と浮き上がってくる木目の美しさ、そして何よりも日下部さんの技術に圧倒されるばかり。

kijihiki(キジヒキ)のサラダボウル
木地挽きの工程を終えたばかりのボウル。木目ひとつひとつが本当に美しく出ていてずっと眺めていたくなります…。
職人魂と木の素晴らしさを知った貴重な体験でした!

これはまだまだ…まだまだまだまだほんの一部なんです。
はやくみなさんにお見せしたい気持ちで破裂しそうなフクザワですがぐっとこらえておりますっっヽ(`Д´)ノ

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply





CAPTCHA