Blog

サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。

昨年の10月、サントリーさんの「天然水の森・東京大学秩父演習林」を訪れました。
この場所は、東京大学とサントリーさんが協働して、さまざまな調査・研究を行う森です。

この森に作業道を設置する際に得られたさまざまな種類の木で何か作れないか…
そのようなお話を頂き、早速材の回収に向かいました。

サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。
これはサントリーさんの育林材(プロジェクト)の一環でもあります。
持続可能な水と森を育むための活動から生まれた木材を「育林材」と呼び、
有効に利活用することを目的としたプロジェクトです。

山の中を流れる川は吸い込まれるように透明で、途中から立ち込めた霧で幻想的な雰囲気に。

サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。
サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。
サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。

切り出された材を置いてある場所に着き、材の種類や状態を確認して積み込みます。

サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。
サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。
サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。
サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。
その後、乾燥させた木材を木材工房あしがらさんにて製材。

サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。
サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。
樹皮に覆われていて分からなかった木目が見れる、わくわくする瞬間です。
あたり一面に木の香りが漂い切りたての木肌に美しい木目が浮かび上がります。

サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。
更に乾燥させた後、ラ・ルースにて試作品の作成を開始。
アイテムは「ひきよせ」制作の時に用いられる木地挽き技法で作るタンブラー(コップ)に決まりました。

サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。
サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。

通常はひとつの材で作ることが多いのですが、今回は秩父演習林で育った複数の樹木を使い
見た目にも楽しいタンブラーに仕上がりました。

サントリーさんの育林材(プロジェクト)でタンブラーを作製しました。

育林材の有効利用に関してはサントリーさんのオフィシャルサイトをご覧ください↓
http://www.suntory.co.jp/eco/forest/protect/ikurinzai.html

ページ下部に、弊社で作成したタンブラーも紹介されています!
森を元気にしつつ、自然の恩恵を無駄にしない育林材プロジェクトから多くを学ぶ機会となりました。

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply





CAPTCHA