ラ・ルースの木製品


木へのこだわり

木は種類や場所によって色・堅さ・木目・香り等様々な表情があります。
加工方法や仕上げ方により、多彩な表現が可能な素材でもあります。

ラ・ルースでは設立当初より木にこだわり、用途と材質を吟味し様々な種類の木でシンプルなオリジナル商品を作っています。これは、お客様のニーズに応じたオリジナル品やノベルティなどをOEM (相手先商標製品)としてご検討頂きたいからでもあります。

 


伝統美と実用性

ラ・ルースには、伝統美と実用性を併せ持つ逸品が多数あります。
「キジヒキ」「ひきよせ」は木目柾目板目の特長を生かしながら、独自の接着技術により隙間のない堅牢な角を作り、平安時代から続いている木地挽き技法を用いて、職人の手加工により丁寧に仕上げられています。

材はもちろん、挽物を作る職人にとって刃物は非常に重要です。
自ら鍛冶屋をし、自分だけの道具を作ります。

 

キジヒキ・ひきよせ

取り扱っている材

ヒノキ

ヒノキ科の常緑針葉樹。
肌目は緻密で、軽く柔らかい材。特有の香りと美しい光沢が特徴。使い込むほどに飴色に変化する様子も楽しめます。
ラ・ルースでは主に神奈川県産の間伐材を使用。またヒノキとよく似た間伐材さわら材も併せて使用しております。

スギ

スギ科の常緑針葉樹。
肌目はやや粗く、材は柔らかく特有の香りがあるのが特徴。年輪の現れ方でいろいろな杢が出るため装飾品としても利用されることがあります。
ラ・ルースでは主に神奈川県産の間伐材スギを使用しています。

メープル

カエデ科の落葉広葉樹。
ややピンク味を帯びた淡い木肌は非常に美しく、絹糸状の光沢があります。
衝撃性、耐摩擦性に強いのでボーリングのレーンやピンの素材、バット素材としても使われています。

ホワイトアッシュ

モクセイ科の広葉樹。
タモとも呼ばれます。色が白く木目の表情が素直で、和風にもよく合います。木質は重く強靭で硬さに優れ、衝撃にも強いという特性を備えています。 日本産のタモは家具材にも多く使用されています。

ブナ

ブナ科の広葉樹。30mに達する高木。
温帯地域の代表的樹木です。木肌は白、淡褐色などで木目がきめ細かく、 柾目には赤みがかった特有の斑点があるのが大きな特徴です。
曲げ木用材、家具用材として使用され、木目を引き立たせる塗装によりブナの表情を美しく表現します。

アルダー

カバノキ科ハンノキ属の広葉樹。
広葉樹にしては比較的柔らかい材で、加工性には優れた木材です。 乾燥は速く、材の安定性は良好。
無垢で使われることも多く、カントリー調の家具や木製雑貨等の制作に使用されます。

ビーチ カバ桜

カバノキ科の落葉広葉樹。
カバ桜とはナラと並ぶ日本建築に馴染み深い樹種です。
桜によく似た木目、ほのかにピンク色をしていることから「カバ桜」と呼ばれています。平らな面を保持できるので、体育館の床などに使われてきました。

ウォールナット

クルミ科の落葉広葉樹。
木目が美しく、使用する程に素材の質感が深まっていくのが特徴。
古くから高級家具に用いられてきた他、衝撃にも強いので銃床材 としても使われてきました。 また、ドア材、造作材、フローリング材、内装パネル材、楽器材などにも利用されています。